スポンサーサイト

  • 2016.04.14 Thursday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -

    ワインボトルの主観的輪郭

    • 2015.09.15 Tuesday
    • 18:25
    ・・ご訪問ありがとうございます。
    ブログランキングに参加しています。
    「ポチッ」↓としていただければ励みになります・・

    にほんブログ村 美術ブログ 画廊・美術ギャラリーへ

    みなさん「お酒」好きですか?
    私はもっぱらビールですが今日はワイン会社のPR作品です。
    Fritz Müller Perlwein(フリッツ・ミューラー スパークリングワイン)というドイツワインのポスターです。

    ボトルの輪郭がはっきりわかる錯視を利用した作品です。


    主観的な輪郭は、実際の輪郭以上に強く立体的にも見えます。

      実線と主観的輪郭線を比べてみると・・・

    どちらも同じ曲線ですが、主観的輪郭で描いた場合、レンズで覗いているようにしっかりと現れています。
    ワインボトルが「はっきり、くっきり」見えるのもこのためです。

    錯視としてはとても分かりやすいですよね。

    JUGEMテーマ:錯視

    カニッツァの三角形

    • 2010.12.08 Wednesday
    • 08:28

    上の図形。白い三角形が見えますよね。

    でも実際に描かれているのは黒い「パックマン」とギリシャ文字のラムダのような折れ線が3本描かれているだけなのがわかると思います。
    本当は存在しない、この正三角形の輪郭は「主観的輪郭」と呼ばれています。イタリアの心理学者G.カニッツアによって1955年に発表されたことから「カニッツァの三角形」とよばれています。
    その後の研究から、脳の後頭葉にある神経細胞の中に、主観的輪郭の認識にかかわっているものがあることが1984年に報告されました。無いはずの三角形を想像してしまう事=つまり主観的輪郭とは、私たちの脳が作り出した輪郭なのです。

    JUGEMテーマ:錯視
     

    PR

    calendar

    S M T W T F S
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031   
    << July 2019 >>

    ・・着払いもOK・・

    ・・・PR・・・

    ○○blogram○○

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM